沈黙のパレード上映期間は?いつまで映画が公開されるか予想!

ドラマ・映画
スポンサーリンク

2022年9月16日に公開された、福山雅治さん主演のガリレオシリーズ第三弾となる映画「沈黙のパレード」はかなり好評ですよね!

まだ見ていないという方、もう一度見たいと思っている方も映画の上映期間はいつまでなのか気になりますよね。

そこで今回は映画「沈黙のパレード」がいつまで公開されるのか予想していきたいと思います。

スポンサーリンク

沈黙のパレード上映期間は?いつまで映画が公開されるか予想!

映画「沈黙のパレード」がいつまで上映されるかは12月中旬までと予想しました。

長ければ2023年1月中旬まで見られる映画館もあると予想しました。

理由は以下の3つより予想しました。

①ガリレオシリーズの過去2作品の上映期間を参照

②映画館の1日の上映本数(2022年10月20日時点)

③興行収入と観客動員数

 

映画の上映期間は原則決まっているものではなく、その映画の興行収入や観客動員数によっても大きく変わります。

映画は公開後、通常は1ヶ月半〜2ヶ月間上映されることが多いということを踏まえて、上映期間を予想した理由についてご説明していきますね。

①ガリレオシリーズの過去2作品の上映期間を参照

映画ガリレオシリーズ過去2作品の上映終了日は口コミを見ると下記の通りとなりました。

作品名 公開日 上映終了日
容疑者Xの献身 2008年10月4日 2009年12月初旬まで
真夏の方程式  2013年6月29日 2013年10月下旬まで

 

容疑者Xの献身は、およそ2ヶ月間上映していたようです。

ただ、映画館によってはもう少し長く上映していた可能性もあります。

また、公開から4ヶ月後でも名画座のように旧作品を扱う場所で鑑賞したという方もいました。

 

真夏の方程式は、4ヶ月ほど上映していたようですね。

通常の上映期間を大幅に上回って上映されていたという事ですね。

ただ、映画館によっては、もう少し早く上映終了にしている場合もあったようです。

 

 

ちなみに、ブルーレイ・DVDの発売日は

容疑者Xの献身:2009年3月18日

真夏の方程式:2013年12月25日

という事でした。

公開から5ヶ月〜6ヶ月後にブルーレイ・DVDが販売されたということになりますね。

 

ガリレオシリーズの過去2作品の上映期間参考にまとめると

●人気シリーズの映画なので通常の上映期間より長い

●人気でほとんどの映画館が上映終了しても、小さい映画館で上映されている可能性あり

●第1弾から第2弾はさらに上映期間が長いので同じくらいになるのではないか?

ということがわかりました。

②映画館の1日の上映本数

2022年10月20日時点では、上映本数は4〜5本ということがわかりました。

映画館の1日の上映本数をを参考に予想します。

映画館は朝から夜の営業時間までだいたい5本、多くて6本ほど上映していることがほとんどです。

いくつか大きい映画館の1日の上映本数を調べると以下の通りとなりました。

映画館名 1日の上映本数
ユナイテッド・シネマ札幌
TOHOシネマズ仙台
イオンシネマレイクタウン
新宿バルト9
ユナイテッド・シネマ新潟
109シネマズ名古屋
TOHOシネマズなんば
イオンシネマ福岡

ランダムではありますが、大手の映画館だとまだ1日に4、5本上映していますね。

「沈黙のパレード」は映画公開から1ヶ月経ちましたが、まだまだフル上映している映画館もありますよね。

まとめると、沈黙のパレードの上映期間は、通常の2ヶ月上映よりも長いと推測しています。

③興行収入と観客動員数

映画「沈黙のパレード」の興行収入と観客動員数は以下の通りです。
 
作品名 興行収入
容疑者Xの献身 49.2億円
真夏の方程式 33.1億円
沈黙のパレード 25億円(10月16日時点)
観客動員数については、「容疑者Xの献身」も「真夏の方程式」は公開から4週間で200万人を突破しています。
 
2ヶ月以上公開されていたので、もっと動員数は多くなります。
 
「沈黙のパレード」は公開5週目を迎えた時点の動員数は186万人ということです。
この調子だと、「沈黙のパレード」の興行収入は40億超えそうだなと予想しています。
 

まとめると、過去2作品と同様「沈黙のパレード」も興行収入、観客動員数が同じくらい伸びているので上映期間も同じくらいではないかと予想しました。
 
 
①ガリレオシリーズの過去2作品の上映期間を参照
>>2ヶ月〜4ヶ月

②映画館の1日の上映本数(2022年10月20日時点)
>>公開開始1ヶ月後の上映本数が公開直後とあまり変わらない
 
③興行収入と観客動員数
>>過去2作品と同様興行収入と観客動員数が伸びている
 
ということで、映画「沈黙のパレード」の上映期間は、12月中旬まで映画館で鑑賞可能と予想しました。
 
長ければ2023年1月中旬まで見られる映画館もあると推測しています。
 
 
 

沈黙のパレードを鑑賞した人の口コミ・感想は?

映画「沈黙のパレード」を観た方の口コミ・感想は

・考えさせられる内容

・原作も読みたくなる映画

・曲が良い!

・長く感じる

・切ない

・面白い

・キャストが良い

という声が多かったです。

 

まとめ

この記事では「沈黙のパレード上映期間は?いつまで映画が公開されるか予想!」というテーマでお伝えしました。

過去2作品の上映期間、興行収入・観客動員数、現在の映画館の1日の上映本数を参考にした結果、2022年12月中旬まで上映されると予想しました。

長ければ、2023年1月初旬まで鑑賞可能な映画館があるかもしれません。

口コミでは、面白い、内容がいい、曲がいい、長く感じるなどの意見が多く、評判が良いことがわかりました。

最後までお読みいただきありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました