マイファスライブ2023チケット取り方は?一般発売はいつ?

音楽
スポンサーリンク

マイファスことMY FIRST STORYの全国ツアー「MY FIRST STORY -THE TWO-」が発表されました!

7年ぶりに47都道府県を一巡するというニュースは、ファンにとって感涙ものですよね!

そこで気になるのは、チケット当選倍率などの入手難易度を含めたチケットに関する情報ではないでしょうか?

 

今回は一人でも多くのファンがチケット入手を叶えることが出来るように、チケットの当選倍率予想や、

先行販売に続いて一般販売が行われるのかについて触れていくので、参考にして頂ければと思います。

この記事でわかること

・マイファスライブ2023チケット取り方
・マイファスライブ2023チケットの価格とタイプ
・マイファスライブ2023会場と日程
・会場ごとの収容人数と販売チケット
・予想されるチケット当選倍率
過去のチケット当落の口コミ
・当選しやすい会場

 

スポンサーリンク

マイファスライブ2023チケット取り方は?

終了:ファンクラプ最速先行     

ファンクラプ最速先行受付は終了しました。

 

 

でにファンクラブ(名称・STORYTELLER)最速先行販売は始まっています。

申し込み期間:2022年12月9日(金)22:00〜12月18日(日)23:59まで

 

チケットのタイプが複数あるので、お知らせしましょう。

全て税込みです。

TypeA : 指定席 ¥5,800 /  STORYTELLERシート ¥8,800

※・TypeA : STORYTELLERシート(前⽅エリア、ピクチャーチケット付)

TypeB : 1F スタンディング ¥5,500 /  2F 指定席 ¥6,000

※ TypeB : STORYTELLERメンバーはロビーブースにてピクチャーチケットプレゼント

TypeC  : オールスタンディング ¥6,500

※ TypeC : 来場者様全員にピクチャーチケット付

引用元:MY FIRST STORY official site

 

TypeAのSTORYTELLERシートは、STORYTELLER会員(ファンクラブ会員)であることが申込条件です。

申し込み枚数制限は、先行時は2枚となっています。

 

会場ごとに販売するチケットが異なり、指定席とスタンディングがありますが、特にライブハウスではスタンディングのほうが盛り上がるというファンも多いようですね。

 

ストテラ最速先行で当選された方の入金期限は12月24日(土)21:00までとなりますので、ご注意くださいね!

 

ライブチケット当選発表はいつ?

ファンクラブ最速先行チケットの当落発表は2022年12月22日(木)です。

 

 

終了:ストテラ1次先行受付 (抽選)

ストテラ1次先行受付は終了しました。

 

 

ファンクラブ「STORYTELLER」限定の1次先行チケット受付が開始しました!

受付期間:2022年12月23日(金)19:00〜2023年1月8日(日)23:59まで

チケットタイプ、料金、申し込み枚数制限についてはファンクラブ最速先行と同じです。

 

当落発表は、2023年1月13日(金)だったようですね。

 

終了:オフィシャル先行受付(抽選)

オフィシャル先行受付は終了しました。

 

受付期間:2023年1月13日(金)19:00〜2023年1月22日(日)23:59まで

申し込みはこちら

※どなたでも申し込み可能です。

 

<Type A公演>STORYTELLERシート先着受付中!

受付期間:2023年1月18日(水)19:00〜各公演前日まで(無くなり次第終了)

※STORYTELLER会員限定

※STORYTELLERシートがあるTypeA公演のみの販売

 

申し込みはこちら

 

 

マイファスライブ2023の一般販売はいつ?

チケット一般販売に関する情報は未定ですが、7年前の情報等から一般販売はあると予想します。

 

まず、TypeA : STORYTELLERシートの申込はSTORYTELLER(ファンクラブ)会員と断られていることに注目しましょう。

先行販売の申込条件はSTORYTELLER会員であるので、あえて注記しなくても良いと思いませんか?

 

つまり、STORYTELLERシート以外では一般販売があると推測できるのです!

 

また、7年前のライブツアー「We’re Just Waiting 4 You Tour 2016 Final at BUDOKAN」で一般販売がありました。

 

また、ファンクラブ先行販売が終了したのちに一般販売が始まることも多いので、アンテナを張っておきたいですね。

1251395252さん 2022/12/10 3:35
来年開催されるmy first story(マイファス)のLIVEに行きたいです。今までLIVEに行った経験がなく、チケットの取り方すらも分かりません。ご親切な方教えていだだけないでしょうか。
来年開催されるmy first story(マイファス)のLIVEに行きたいです。今までLIVEに行った経験がなく、チケットの取り方すらも分かりません。ご親切な方教えていだだけないでしょうか。 ちなみにファンクラブにも入っていません…

oki********さん 2022/12/10 10:03
ライブに関する情報は公式サイトに載りますから、時々チェックするようにしてください。 チケットは最初にファンクラブ先行、次に各種先行、最後に一般発売となるのが一般的な流れです。ファンクラブ先行が終われば次の先行の案内がそのうち出ますから、それに申し込んでください。

引用元:Yahoo!JAPAN知恵袋

 

 

 

 

マイファスライブ2023の当選倍率は?

マイファスライブ2023の当選倍率は4.56倍と予想しました。

以下、マイファスライブ2023のチケット倍率の詳細です。

 

倍率については、下記の式で求めます。

倍率=チケット申込数÷収容人数

 

収容人数と日程

ライブツアーの日程・会場ごとの収容人数・チケットのタイプの情報は以下の通りです。

*収容人数は各会場のHP等とチケットのタイプを参照して独自に集計したものであり、公式のものとは異なります。

 

2023年の3月から10月にかけて47会場でライブツアーが行われます。

日程 会場 チケット種類 キャパ
3月9日(木) 東京都 Zepp Haneda(TOKYO) B 2,729
3月18日(土) 奈良県 なら100年会館 大ホール A 1,476
3月19日(日) 滋賀県 大津市民会館 大ホール A 1,300
4月1日(土) 三重県 四日市市文化会館 A 1,700
4月2日(日) 岐阜県 岐阜市民会館 A 1,501
4月8日(土) 岩手県 盛岡市民文化ホール 大ホール A 1,510
4月9日(日) 福島県 郡山HIP SHOT JAPAN B 500
4月15日(土) 群馬県 高崎芸術劇場 大劇場 A 2,027
4月16日(日) 長野県 長野市芸術館 A 1,292
4月22日(土) 富山県 クロスランドおやべ B 819
4月27日(木) 神奈川県 KT Zepp Yokohama B 2,146
4月29日(土祝) 千葉県 森のホール21 A 1,955
5月6日(土) 岡山県 岡山市民会館 A 1,718
5月7日(日) 鳥取県 米子市公会堂 A 1,120
5月12日(金) 宮城県 SENDAI GIGS B 1,560
5月14日(日) 山形県 山形市民会館 大ホール A 1,202
5月20日(土) 熊本県 熊本B.9 V1 C 700
5月21日(日) 宮崎県 メディキット県民文化センター演劇ホール A 1,112
6月2日(金) 栃木県 宇都宮市文化会館 A 2,000
6月10日(土) 埼玉県 大宮ソニックシティ A 2,505
6月15日(木) 大阪府 Zepp Osaka Bayside B 2,717
6月17日(土) 静岡県 静岡市民文化会館 大ホール A 1,968
6月22日(木) 高知県 CARAVAN SARY C 400
6月24日(土) 愛媛県 松山市民会館 A 1,999
6月25日(日) 徳島県 club GRINDHOUSE C 250
7月1日(土) 石川県 本多の森ホール A 1,707
7月2日(日) 新潟県 新潟テルサ A 1,730
7月14日(金) 山口県 周南RISING HALL B 546
7月17日(月祝) 和歌山県 和歌山城ホール 大ホール A 954
7月24日(月) 兵庫県 MUSIC ZOO KOBE 太陽と虎 C 250
7月26日(水) 鹿児島県 CAPARVO HALL C 450
7月29日(土) 長崎県 DRUM Be-7 C 300
7月30日(日) 佐賀県 鳥栖市民文化会館 大ホール A 1,518
8月25日(金) 愛知県 Zepp Nagoya B 1,792
8月26日(土) 広島県 BLUE LIVE HIROSHIMA C 830
9月2日(土) 山梨県 YCC県民文化ホール(山梨県立県民文化ホール) A 1,989
9月9日(土) 福井県 敦賀市民文化センター A 1,184
9月10日(日) 京都府 ロームシアター京都 メインホール A 2,000
9月15日(金) 福岡県 Zepp Fukuoka B 1,331
9月23日(土祝) 島根県 出雲市民会館 A 1,210
9月24日(日) 香川県 高松festhalle C 950
9月29日(金) 茨城県 水戸市民会館 A 1,004
10月9日(月祝) 大分県 J:COM ホルトホール大分 A 300
10月13日(金) 北海道 Zepp Sapporo B 1910
10月21日(土) 秋田県 あきた芸術劇場ミルハス 中ホール A 800
10月22日(日) 青森県 リンクステーションホール青森(青森市文化会館) A 2,031
10月28日(土) 沖縄県 ミュージックタウン音市場 C 1,100
      64,092

以上の表から、今回のツアーでは、約64,092人がチケットを手にすることができるということがわかりました。

今回のツアーは各会場のキャパシティもまちまちのようですね。

                                                                                 

チケット申込数

チケット申込について予想しましょう。

チケット獲得に1番関心があるのはファンクラブ会員かと思われますが、会員数が不明なので、今回はYouTube登録者数を利用してみます。

登録者は2022年12月時点で、36.6万人です。

 

そして今回は47都道府県全てを回るツアーなので、8割が申込に積極的だと仮定しましょう。

 

366,000×0.8=292,800

292,800人が応募すると見積りました。

 

チケット当選倍率は?

結果を先に発表すると、予想される当選倍率は4.56倍となりました。

 

当選倍率を求める式があるので、計算してみましょう。

 

応募数÷収容人数=当選倍率

292,800÷64,092=4.56

 

したがって、4.56倍となったわけです。

 

ただ、ファンクラブ先行販売は最高2枚まで申込出来るので、当選倍率が予想の2倍まで上がることも考えられます。

 

いずれも予想なので、参考程度にお考えください。

 

マイファスライブ2023の当選しやすい会場は? 

今回は、以下の3会場が比較的当選しやすいと予想します。

 

・2023年6月2日(金)栃木県 宇都宮市文化会館

・2023年7月14日(金)山口県 周南RISING HALL

・2023年7月26日(水)鹿児島県 CAPARVO HALL 

理由を示しますね。

   

ライブツアーで当選しやすいと言われるのは、以下の3つの条件に当てはまる会場です。

 

*平日に開催する会場

*ツアー中頃に開催する会場
*大都市を離れた地方の会場
 *地方:人口100万人の都市がない県

 

では、検証してみましょう。

まず、平日開催は次の会場ですね。

 

2023年3月9日(木)東京都 Zepp Haneda(TOKYO)

 2023年4月27日(木)神奈川県 KT Zepp Yokohama 

2023年5月12日(金)宮城県 SENDAI GIGS 

2023年6月2日(金)栃木県 宇都宮市文化会館

2023年7月14日(金)山口県 周南RISING HALL

2023年7月26日(水)鹿児島県 CAPARVO HALL 

2023年8月25日(金)愛知県 Zepp Nagoya  

2023年9月15日(金)福岡県 Zepp Fukuoka

2023年9月29日(金)茨城県 水戸市民会館

2023年10月13日(金)北海道 Zepp Sapporo 

 

次に、上記の会場からツアー中頃の会場を選出します。

 

2023年6月2日(金)栃木県 宇都宮市文化会館

2023年7月14日(金)山口県 周南RISING HALL

2023年7月26日(水)鹿児島県 CAPARVO HALL 

2023年8月25日(金)愛知県 Zepp Nagoya  

 

以上の会場を、もう一回ふるいにかけてみましょう。

 

地方都市の会場は次の通りですね。

 

2023年6月2日(金)栃木県 宇都宮市文化会館

2023年7月14日(金)山口県 周南RISING HALL

2023年7月26日(水)鹿児島県 CAPARVO HALL 

 

以上の理由から、そのように予想してみました。

 

ただ、これも確実ではないので、楽しむ感覚で捉えてもらえたらと思います。

 

最後に、チケット取得の難易度等に関する口コミを集めてみました。

 

 

 

過去のライブで一般販売も行われたことや、一般販売でのチケット入手も、そうは困難でもなさそうだと希望を持てる口コミもありましたね。

 

 

まとめ

今回はマイファス(MY FIRST STORY)の2023年全国ライブツアーに関する情報を集めてみましたが、いかがだったでしょうか。

地元に来るのを待つだけではなく、能動的に離れた会場まで足を運ぶ選択もあったほうが、楽しみも増えるかもしれませんね!

最後までご覧頂き、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました